「便利な機械・社会の要」ルーツを持った工場の求人

subpage01

私たちの社会において、製造業は欠かせません。



便利なものを大量生産して初めて、後の情報社会へと繋がっていけるのは、地球規模の歴史が示している通りです。
そんな生産流通のかなめを担っているのが「工場」です。
製造システムの大規模な展開は、産業革命に始まっており、科学が人々の生活に直接便利な「実感」をもたらした、歴史上類を見ない達成なのです。

新興国では、そんな産業革命が次々と起こっており、求人も豊富となっています。私たちの国の戦後とも重なり、親近感が湧きますね。



工場は、きれいな職場でムーディーに働く、といった印象とは無縁な場所、と思いがちですが、大切なのは「楽しむこと」です。


仕事だからというのは、今や過去のものとなりつつあります。


新興国では技術基盤の熟成は喜びなので、私たちはそのルーツを思い出す必要があります。


ポイントは、産業革命後の工場システムは、人がこれまでしていた労働を機械が肩代わりしてくれる、といったものなので、いかにして快適に働くかを考える余地があり、それを万人に伝えるプロフェッショナルであると考えることもできるのです。

それは求人をも調整し、近年ではワークシェアリングとして労働を分け合う営みにも精力的なのです。

上記は、「労働を分かち合う」ことにもつながり、いわば「物を大切にする」と「便利なものを使用する」が融和します。
生活必需品にも、「パン工場」といったように、様々なバリエーションがあり、オートメーション化も進んでいるのです。



現在はコンピューターを使った新たな形での技術生産の進歩が目覚ましく、そんな社会にあふれた様々な工場の求人に、ぜひ興味を持って接してみてくださいね。