期間従業員の求人について

subpage01

求人を探すとき、正社員や契約社員、派遣社員やアルバイトなどさまざまな働き方があります。

期間従業員は、あらかじめ契約期間を決めている、契約社員の一形態で、スタッフの多くが熟練ではなく短期間従事するため、複雑な技術や経験を求められることは比較的少ないのが特徴です。
その一方で、工場などの繁忙期に集中して求められるため、給料のような居住施設や食事など、福利厚生が充実していたり、給料などの待遇面も、経験不問の割に好待遇です。


いわゆる出稼ぎのように農閑期を利用したり、学生が長期の休暇を利用して好待遇の求人を探すなら期間従業員がおすすめです。



寮や食事が完備していたり、期間従業員の求人自体が、工場の繁忙期のため、仕事は二交代制や三交代制などのシフト体制で、規則正しい生活を求められます。


契約期間があらかじめ決められており、契約期間満了後の仕事は保証されていないので、短期集中でお金を貯めるのに最適な一方で、長く働き続けることができる安定を求めるには適しているといえません。



期間従業員から、期間の定めのない契約社員や正社員への採用の道があるかなどを応募に先立って確認しておいたり、同僚のスタッフの在職年数が長い人が多い職場、期間従業員から期間契約でない社員に立場が変わっている先輩がいる職場なら、自分自身それを目指してみるのも有効です。



職場全体が期間契約のスタッフの場合、技術や知識の継承に意識が向かなくなりがちですが、その中で向上心を持ち続ければ、職場での貢献も可能です。